筋トレ動画/Training Videos

筋トレ/トレーニングのための動画アーカイブ

大胸筋

スクワット140kg,180kg,220kg,240kg,250kgとレッグエクステンションの筋トレ振り返り

自宅やジムで行うスクワットの方法:https://haga-seven.style/archives/293

僕はジムでスクワットを行う時は、いつもローバースクワットをしています。
バーベルを担ぐ位置はハイバーとローバーの2種類あります。

ハイバースクワットは肩の僧帽筋の上にバーを乗せて担ぎます。ジムに行ってスクワットを教わったらまずハイバーを教わると思います。今回の記事読んだ方はハイバースクワットをしてみてください。簡単ですのでww

一方ローバースクワットは、僕も去年の9月に友達から教えてもらいました。担ぐ位置は、肩の三角筋後部(リアデルト)の上です。腕も大きく後ろに曲げるのである程度の柔軟性も求められます。
僕はこっちの方が腰への負担も減るし重量も扱えるので、ローバースタイルを採用しています。

セットの組み方ですがバーだけの状態で10回程行います。
次に60キロで適当にしゃがみます。もうこの時、今日の自分の調子が分かります。
100キロで5回程やって140キロでは2~3回、180キロでは2回程担いで調子を確かめます。

※高重量を扱うときは、怪我防止にも繋がるのでベルトはした方がいいと思います

もし調子が悪そうなのであれば、180~200キロの間の重量で回数多めのメインセットを行います。

もし調子が良いのであれば、210~220キロで1~2回しゃがんでメインセットで240~250キロの重量をセットして限界まで行います(現時点では。僕は現在進行形で強くなっていっているのでどんどん重量は伸びていきます)

それでスクワットは終わりで次の種目に移ります。

スクワットは息も上がるし、動作も大きいので大変な種目ですが心配機能も鍛えられて更にハードなトレーニングが出来るようになります。スクワットは脚だけでなく精神も鍛えることが出来ます。

フォームは脚幅はかなり狭めです。一般的にはナロースタンスと部類されるほど狭いです。
幅はだいたい骨盤の広さくらいで、しゃがむとき思いっきりお尻を突き出します。胸は張ります。

骨盤が膝関節よりも深くしゃがんだなと思える位置まで下がってら四頭筋で押し返すイメージで立ちます。
レッグプレスの降ろし切った時に押し返すイメージですね。

このフォームは僕の関節の強さなどを考慮して行っています。もしやってみて違和感があったり力が出なかった場合、怪我する前にやめておいて肩幅くらいに脚幅を広げてそのまままっすぐバーベルを下げていくイメージで行いましょうww

=====

2017年よりゲイと公表しました。2013関東学生ボディビル新人賞。2014全日本学生ボディビル6位。2017,2018神奈川県ノーギアパワーリフティング大会105kg級一位。トレーニングを通じてボディメイクとLGBTに関する悩みの手助けができたらと思います。

▼芳賀セブンのトレーニングノウハウまとめ
https://haga-seven.style/

▼芳賀セブンにトレーニング依頼
https://haga-seven.stores.jp/

▼芳賀セブンの Twitter

▼芳賀セブンの Instagram
https://www.instagram.com/hagaseven/